メニュー
解決事例

愛知県名古屋市名東区の家主W様 建物明渡しと家賃回収の訴訟のケース

ホーム > ブログ > 解決事例 > 建物明け渡し(滞納家賃) > 愛知県名古屋市名東区の家主W様 建物明渡しと家賃回収の訴訟のケース

当事務所での手続きの結果

W様は、名古屋市名東区に賃貸アパートと専用駐車場を所有しており、知人に賃貸していました。家賃の支払いが、次第に遅れがちになり、滞納額が500万円を越えました。W様は、知人とはいえさすがにと、滞納家賃の支払いとアパート及び駐車場の立ち退きを請求したところ、借り主が弁護士を立てて、交渉したいと申し入れてきました。

相手に代理人弁護士がついたこともあり、当事務所にご相談・ご依頼くださいました。

 

当事務所は、受任後直ちに借り主に対して賃貸借契約の解除を通知して立ち退きを求めるとともに、連帯保証人に対し、滞納賃料を請求しました。相手方代理人弁護士と交渉を重ねましたが、示談は成立しなかったため、建物および土地の明け渡し請求訴訟と滞納家賃の支払い請求訴訟を提起しました。その後、同裁判中に、借り主が賃貸アパートとその駐車場を明け渡しました。また、同裁判にて、借り主らが滞納家賃全額を支払う内容の和解が成立しました。

ご依頼から約2ヶ月で、アパートおよび駐車場の立ち退きを実現させました。

 

※個人情報保護等のため、家主様及び不動産所在地等を変更して掲載しています。

 

<解決までの流れ>

  1. ご相談・ご依頼
    【1月下旬】
     W様が当事務所に来所し、弁護士に相談する。その後、当事務所に建物及び土地の明渡し、滞納家賃の回収の交渉・訴訟・強制執行を依頼する。
  2. 解除通知

    【2月上旬】

    弁護士が直ちに賃借人に対し,賃貸借契約の解除及び滞納賃料等の請求通知を,連帯保証人に対し滞納賃料等の請求通知を,それぞれ内容証明郵便で送付する。

  3. 訴訟提起
    【3月中旬】

    弁護士が賃借人に対し,建物明渡し及び滞納賃料等の支払いを,連帯保証人に対し滞納賃料等の支払いを求める訴訟を提起する。

  4. 第一回 口頭弁論期日

    【4月中旬】

    弁護士が裁判の第一回口頭弁論期日に出廷する。

  5. 建物明渡し

    【4月下旬】

    賃借人から建物及び土地の明渡しを受ける。

  6. 裁判上の和解

    【5月下旬】

    賃借人らとの間で,建物及び土地明渡しの確認並びに滞納賃料等の支払いを内容とする和解が成立する。

  7. 滞納家賃の回収

    賃借人及び連帯保証人から,合計500万円以上の滞納家賃を分割払いにて全額回収し、事件終了となる。

名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)