メニュー
解決事例

愛知県瀬戸市の家主M様 建物明け渡し(即決和解・訴え提起前の和解)のケース

ホーム > ブログ > 解決事例 > 建物明け渡し(滞納家賃以外) > 愛知県瀬戸市の家主M様 建物明け渡し(即決和解・訴え提起前の和解)のケース
愛知県瀬戸市の家主M様 建物明け渡し(即決和解・訴え提起前の和解)のケース
明け渡し猶予期間内に、相手方らより、不動産の明け渡しがあり、無事、事件が解決しました。

愛知県瀬戸市 男性 M様

ご相談前の状況

家主M様は、愛知県瀬戸市に、相続により取得した不動産(M様のご実家の土地建物)を所有していました。若い頃に親を亡くされたM様は、親から相続した家に親戚と住んでいましたが、その後成人し、社会人となってご実家を出ました。他方、一緒に住んでいた親戚は、M様と賃貸借などの契約を交わさないまま、その後もM様のご実家に住み続けていました。M様も特に賃料等請求しないまま、親戚らがご実家に居住することを認めていましたが、10年以上経過し、M様にもご実家を利用する必要が生じたことから、親戚らに明け渡しを求めることにしました。M様は、音便に解決したいと、ご自身で明け渡し交渉を行いましたが、上手くいかず、当事務所にご相談・ご依頼下さいました。

当事務所での手続きの結果

事務所は、相手方らに対して、改めて立ち退きを求め、M様のご実家に居住する権原がないこと、立ち退きしない場合にはやむを得ず賃料相当分を請求する旨、通知しました。
相手方らも代理人弁護士を選任し、以降、代理人弁護士同士で、不動産の明け渡し交渉を行いました。
交渉の結果、一定の明け渡し猶予期間を設け、相手方らは明け渡し猶予期間内にM様のご実家を明け渡すこと、M様は明け渡し猶予期間内は賃料相当分を請求しないことで、示談が成立し、明け渡しの履行確保のため、即決和解(訴え提起前の和解)手続きを取りました。
その後、明け渡し猶予期間内に、相手方らより、不動産の明け渡しがあり、無事、事件が解決しました。

 

名古屋事務所
春日井事務所
対応エリア
対応エリア

●名古屋市内

(千種区・東区・北区・西区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田 区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)

●愛知県全域

(一宮市、瀬戸市、春日井市、半田市、豊橋市、岡崎市、豊川市、津 島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知 多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥冨市、みよし市、あま市、長 久手市、愛知郡東郷町、丹羽郡、海部郡、知多郡、額田郡幸田町)